Evergreen Leaves

令和3年5月

 緊張の4月が終わり、GWを迎えるとホッとします。緊急事態宣言がでている状態なのでさすがに遠くへの旅行は控えますが、目覚まし時計なしで迎える朝を楽しみたいと思います。

 先月はゴルフ選手の松山英樹氏がマスターズドーナメントで日本人初優勝という快挙を成し遂げました。そして、印象に残ったのがキャディの早藤さんの最後にコースに向かっての一礼。競技への敬意を示す振る舞いが世界で絶賛されていました。同じ日本人として、誇りに感じました。「礼」~と言えば、小学生が横断歩道を渡り終え、大きなランドセルごとクルッと回ってお辞儀をする姿をみて、日本の美しさを感じることがあります。このような子どもたちのお手本になるように、私たち大人も行動をしないといけないですね。

 先月は「聖火リレー」を観に行ってきました。オリンピックはTVでしか観れませんが、実際の聖火リレーを観るのは最初で最後の機会。ほんの一瞬ではありましたが、オリンピックへの高揚感を味わえました。コロナに負けずに無事に開催され、成功するのを期待したいと思います。

 GW中は教室の大掃除です。普段手の届かない、見て見ぬふりをしている倉庫等も少しきれいになりそうです。 来月はエアコンクリーニングも予定しています!まずは外観(ここでは教室を意味します)、そして中身の徹底。教材作り、レッスンプラン等、時間に追われることなくできそうです。子どもたちの反応を楽しみに準備したいと思います。絵本、図書で不要になった分を教室の階段に置いてあります。もしご希望の方がいらしたらどうぞ!

 今月はクラス別の報告をここで少しお伝えしたいと思います。キンダークラス、小学低学年のクラスでは毎月歌を決めて歌っています。先月はイースター特集として、イースターの時期に食する“Hot Cross Buns”を歌いました。最近ではYoutubeで検索したらすぐ同じ曲が見つかります。でも逆にたくさんありすぎて探せない時があります。教室では、Super Simple Learning のシリーズを使うことが多いです。(ちなみにHot Cross Buns は他のを使いました) 英語を母国語とする子対象の曲は、時に難しすぎますが、このシリーズでは歌い易いように歌詞をシンプルに変えています。小学生クラスでは60分をブライアンの会話タイムと読み書きタイムの2クラスに分けています。読み書きタイムでは小2でもフォニックス学習時に英和辞典を使う機会があります。まだ難しいですが、自分で引いて、見つける喜びを感じて欲しいと思っています。中高学年クラスはフォニックス練習後、単語が読めるようになったら語彙力アップに挑戦です!英単語トレーニングを使って自主練を頑張ってくれています。そして文法は「文ブンプリント」です。新しく始まったクラスはアルファベット~フォニックスへ突入です! 楽しさと実力を求めて、常に100%レッスンです。中学生クラスでも会話も文法も。テスト前はテスト勉強のみになることもあります。そして今春より高校生クラスもスタート。テキスト以外では、自分のスマホの写真等使用して自分の言葉で相手に伝える練習もしています。高校生ならではの少し自由な発話タイムです。

 教室では感染症対策として、入口に消毒液設置、部屋の換気を行っています。(可能な時は窓は常に開けています。)そして、レッスン前後のうがい手洗いをお願いしています。タオルはおかずに紙ペーパーを準備していますが、環境も心配です。使い捨てが当たり前になっているようです。ぜひご自分のハンカチをご持参ください。マスクはもちろん必須です。ただ英語の発音チェック時に口元が見えないのがとても残念なので、マウスシールドがご準備できるといいかと思います。 コロナの収束が待ち遠しいですね。

 新緑の美しい5月を多いに楽しみましょう! ♫~綠の町に舞い降りて~by ユーミンを聞きながら~

固定ページ:

1

2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13

from BLOG

  1. エバーグリーンの春の生徒募集キャンペーンが始まりました。英…
  2. 2021年も笑顔で頑張りましょう!毎日少しずつでいいのでレ…
  3. 今年も残すところ4か月となりました。cozy space …
  4. cozy space エバーグリーンでは、 英語のレッスン…
  5. 明けましておめでとうございます! 今年も楽しいレッスンでバ…

キンダークラス